Google Apps メールの移行準備 ちょっと(;。;)

Google Apps for Nonprofits を使えることになり、ずっと前に個人でGoogle Apps無償版に登録していたものの有効活用はできていなかったので、ようやくまじめに取り組むことになりました。

Google Apps for Nonprofits とは、Google Appsの非営利団対向けプログラムで、日本ではやっと先月提供が開始されたばかりのサービスです。
まずはメールとカレンダーを使いたいと思ったのですが、全体の仕組みがよく分かっていなかったので、理解するのに少し時間がかかりました。
最初の疑問は、ひとつのドメインで、公式サイトを別のサーバーにおいたまま、メールをGoogle Appsで運用することはできるの? できるとして、どうすればいいの? というもの。

これは比較的容易に解決しました。
現在、ドメインはムームードメイン、サーバーはエックスサーバーを使っています。
エックスサーバーにはDNSの設定機能があるので、ムームードメインでネームサーバーをこのように指定します。

20140811-03

そして、エックスサーバーのDNS設定でMXレコードを指定。

20140811-04

エックスサーバーで設定していたメールアドレスは削除します。
そうすると、メールサーバーがエックスサーバーからGoogle Appsに切り替わり、Google Appsで作ったユーザーアカウントでメールを受信できるようになります。

しかし! このドメインでメールを使っているのは自分ひとりではないため、いきなり切り替えることはできません。

そこで 二重配信を使用して、Gmail と外部アーカイブ サーバーの両方にメールを配信する をやろうと思ったのですが、なんかめんどくさい。
今のところは自分だけ試しに移行して、使い方に慣れてみよう、ということでドメインエイリアスを使う方法にしました。

Googleの説明
ドメイン エイリアスを追加すると、プライマリ ドメイン(Google サービスの申し込みに使用したドメイン)の全員に、そのエイリアス ドメインの別アドレスが付与されます。以下、プライマリ ドメイン primary.com に alias.com をドメイン エイリアスとして追加したケースで説明します。Maria、John など、プライマリ ドメイン内の全ユーザーに各ドメインのアドレスが付与され、ユーザーのどちらのアドレスにメールを送信しても、同じ受信トレイにメールが届きます。

1.エックスサーバーでサブドメインを作ります。

2.Google Apps 管理コンソールで、(画像が小さいですが)下の「その他の設定」にある「ドメイン」でサブドメインを指定します。
20140811-01
ドメインは「エイリアス」にしておきます。

3.エックスサーバーのDNS設定画面で、そのサブドメインに上のMXレコードを追加します。

4.エックスサーバーのメールアドレス設定で、もとのアドレスからエイリアスのアドレスに転送設定をします。

すると、Google Appsのほうでは、何もしなくてもユーザーに自動的にエイリアスが設定されています。
これで移行したことになりますね。