カテゴリー別アーカイブ: PC & Web

今年最後の仕事はWordPressをレンタルサーバーからローカル環境へ

思いがけず時間がかかってしまいました。
WordPressで作ったサイトをクライアントさんのレンタルサーバーからローカル(InstantWordPress)にコピーし、バックアップを取ろうというものです。

プラグインを使うと簡単にできるだろうとたかをくくっていたのですが、かえって苦労する結果になりました。
レンタルサーバーはロリポップ、WordPressは4.4、試したプラグインは以下のとおり。
UpdraftPlus Backup and Restoration
Duplicator
All-in-One WP Migration

どのプラグインもエラーが出て中断。その都度、対処法を調べて少し進んだと思っても、結局ダメでした。
最後のAll-in-One WP Migrationに至っては、かなり順調に進んでいて、なんだ、最初からこれにすれば良かったと思っていたのに、データベースのインポート段階になったら何時間経っても終わらず…。

そこでシンプルにファイルをコピー、phpMyAdminでデータベースをエクスポート>インポートする方法に切り替えました。

それでも何度も壁に突き当たり、悩んだので、次回のために記録を取っておこうと思います。

まずInstantWordPressのphpMyAdminでインポートができないという壁。
これはエクスポートの仕方が悪かったようで、エクスポートをやり直して解決しました。


やった~

そして options というテーブルを選択して、siteurl とhomeをローカル用に書き換え。

2015123102

2015123103

特殊なケースですが、このデータベースにはWordPressが2つ自動インストールされていて、 wp1_ とwp2_ と接頭辞が付いているので注意。

wp-config.phpはここを書き換える。

/** The name of the database for WordPress */
define(‘DB_NAME’, ‘データベース名’);
/** MySQL database username */
define(‘DB_USER’, ‘root’);
/** MySQL database password */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘’);
/** MySQL hostname */
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);

次なる壁はPHPのエラー。
Warning: Cannot modify header information – headers already sent (output started at script:line)

header関数より先に何かを出力しているということですか?
心当たりなし。
echo も空白も改行もありません。
問題のファイルをUTF-8 BOMなしで保存し直したり、InstantWordPressのphp.iniの設定を変えてみたり…。
いろいろやっているうちに、今度は真っ白になってしまいお手上げ状態。

ファイルを入れ替えたりしているうちになんとか解消して、次の壁はログインしようとするとレンタルサーバーにリダイレクトされる問題。

wp-config.phpにこんなのを加えてみる。
define (‘WP_SITEURL’, ‘http://localhost:ポート番号/フォルダ名/’);
define (‘WP_HOME’, ‘http://localhost:ポート番号/フォルダ名/’);

そうこうするうちになんとか管理画面にも入れたし、サイトの表示も正常?と思った矢先、なんか違う!?
プラグインが不足していたり、テーマが壊れていると言ってきたり。
ウィジェットやメニューの設定は一からやり直しでした。(なぜだろう?)

すっきりしないところはあるものの、とりあえず無事に複製できたようなので今年の仕事納めです。

Windows Updateの問題

20150401
確定申告が終わる16日までは息つく暇がなかったのですが・・・その頃からどうもパソコンの調子が悪く、「壊れたのかなあ」と泣きそうになっていたら、Windows Updateの仕業だと判明しました。3033889の更新プログラムが、日本語または韓国語のIMEを使用するシステムでエクスプローラーが応答しなくなるのだ、と。
私の場合、仕事で相当の時間、Windowsを使うので、たびたびハングされて困りました。再起動にも異常に時間がかかるのです。
18日~19日に修正プログラムが出たことは知っていたものの、そのうち通常のWindows Updateが来るだろうと待っていましたが、自動的に修正される様子はなく、先日、ようやく自分で取りに行きました。 https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3048778

結果、あっけなく問題解決です。めでたし、めでたし。

PayPalの「購入ボタン」とドロップリスト問題

ショッピングサイトなどでPayPalを使う場合、「今すぐ購入」「カートに入れる」などのボタンを付けますが、一苦労したのでメモしておきます。オリジナルボタンを作ったりもしていたので時間ががかかってしまいました。

ボタンを設置するには、「製品とサービス」タブをクリック。

20150207-01

下の部分、「その他の製品とサービス」に [今すぐ購入]ボタンがあります。20150207-02

ボタン作成の画面になります。

20150207-03

今回は、「ボタンをカスタマイズする」で、「価格/オプションのドロップダウンメニューを追加」を選択。

20150207-05

ドロップダウンメニューで注意することは、(当たり前ですが)メニューオプション名に同じ内容を書かないこと。異なるオプション名のところに同じ価格が設定されているのは問題ありません。

メニューに「JPY」が表示されてうるさい気がするのだけれど仕方ないのかな。

さらに「テキストまたは外観をカスタマイズする」をクリック
「独自のボタン画像を使用」を選択しました。(画像は自分で作成)

20150207-15

 

これでドロップダウンメニューの付いたボタンが完成、と思いきや、テストをしてみると
こんなエラーが・・・
20150207-07

こんなのも・・・
20150207-08

いろいろ考えて、直して、最後にやったのはこれです。
「個人設定」 > 「販売ツール」 > 「PayPalボタンの言語コード化」

20150207-09

20150207-10

 

20150207-11

20150207-12

「言語のエンコード」で「詳細オプション」をクリック。
エンコード方式を「UTF-8」にして保存。

20150207-13

 

これでようやく無事に支払画面に行けるようになりました。

OS X Yosemiteアップデートに伴いVMware Fusion からVertualBoxへ

20141213-01
今さらですが、MacのOS XをうっかりYosemiteにアップデートしたら、以前からWindows7を使っていたVMware Fusionが起動しなくなりました。

新しいバージョンを購入する経済的余裕はなく、Oracle VertualBoxに移行しました。
20141213-02

丁寧に手順を説明してくださっているサイトを参考にさせていただき、一応すんなりとできました。
参考 Migrating Windows 7 from VMWare Fusion to VirtualBox — Carlos Sanchez’s Weblog
    OS X YosemiteでVMware Fusion 5.xが動かない!Win7のVirtualBoxへの移行手順のまとめ

ところがWindows7を起動してみると、いろいろと不具合が・・・。
まず、ネットワークエラーのメッセージ出て 「¥¥Vmware-host¥Shared Folders¥ディスクトップ¥ にアクセスできない」と言ってくる。
Office のWordが変。
Snipping Toolは起動するが、「名前を付けて保存」ができない。

とても悩んだ結果、実は、Uninstall the VMWare tools ができていなかったというだけの話でした。
普通に「コントロールパネル」 > 「プログラムのアンインストール」 でVMWare tools をアンインストールしたら解決したようです。
基本は大事ですね。

Access2010 日付欄でカレンダーが表示されない

私は当分の間、Accessのバージョンは2010を使い続ける予定ですが、今さら気がついたことがあります。
Access2010になって、テーブルやフォームに日付を入力する際には、カレンダーが表示されて入力が楽になりました。

こんな感じ。
たとえば発送日の欄があります。
20140829-01

このコントロールにフォーカスすると、右側に小さなカレンダーのボタンが現れます。20140829-02

このボタンをクリックするとカレンダーが表示され、日付を選択できるのです。
20140829-03

プロパティはこのようになっています。
20140829-05
書式 : 何らかの日付を指定
日付選択カレンダーの表示 : 日付

Access2003や2007の頃に作ったものも、たいてい自動的にカレンダー表示が出るようになっています。

ところが、時々、カレンダーが表示されないコントロールがあることに気がつきました。
なぜだー?と思いながら、今まで特に不自由をすることはなかったので放置していたのですが、最近分かりました。

20140829-04

ここです。「定型入力」を指定しているとダメなんですね。
理由は追及しませんが一件落着です。

 

Google Apps メールの移行準備 ちょっと(;。;)

Google Apps for Nonprofits を使えることになり、ずっと前に個人でGoogle Apps無償版に登録していたものの有効活用はできていなかったので、ようやくまじめに取り組むことになりました。

Google Apps for Nonprofits とは、Google Appsの非営利団対向けプログラムで、日本ではやっと先月提供が開始されたばかりのサービスです。
まずはメールとカレンダーを使いたいと思ったのですが、全体の仕組みがよく分かっていなかったので、理解するのに少し時間がかかりました。
最初の疑問は、ひとつのドメインで、公式サイトを別のサーバーにおいたまま、メールをGoogle Appsで運用することはできるの? できるとして、どうすればいいの? というもの。

これは比較的容易に解決しました。
現在、ドメインはムームードメイン、サーバーはエックスサーバーを使っています。
エックスサーバーにはDNSの設定機能があるので、ムームードメインでネームサーバーをこのように指定します。

20140811-03

そして、エックスサーバーのDNS設定でMXレコードを指定。

20140811-04

エックスサーバーで設定していたメールアドレスは削除します。
そうすると、メールサーバーがエックスサーバーからGoogle Appsに切り替わり、Google Appsで作ったユーザーアカウントでメールを受信できるようになります。

しかし! このドメインでメールを使っているのは自分ひとりではないため、いきなり切り替えることはできません。

そこで 二重配信を使用して、Gmail と外部アーカイブ サーバーの両方にメールを配信する をやろうと思ったのですが、なんかめんどくさい。
今のところは自分だけ試しに移行して、使い方に慣れてみよう、ということでドメインエイリアスを使う方法にしました。

Googleの説明
ドメイン エイリアスを追加すると、プライマリ ドメイン(Google サービスの申し込みに使用したドメイン)の全員に、そのエイリアス ドメインの別アドレスが付与されます。以下、プライマリ ドメイン primary.com に alias.com をドメイン エイリアスとして追加したケースで説明します。Maria、John など、プライマリ ドメイン内の全ユーザーに各ドメインのアドレスが付与され、ユーザーのどちらのアドレスにメールを送信しても、同じ受信トレイにメールが届きます。

1.エックスサーバーでサブドメインを作ります。

2.Google Apps 管理コンソールで、(画像が小さいですが)下の「その他の設定」にある「ドメイン」でサブドメインを指定します。
20140811-01
ドメインは「エイリアス」にしておきます。

3.エックスサーバーのDNS設定画面で、そのサブドメインに上のMXレコードを追加します。

4.エックスサーバーのメールアドレス設定で、もとのアドレスからエイリアスのアドレスに転送設定をします。

すると、Google Appsのほうでは、何もしなくてもユーザーに自動的にエイリアスが設定されています。
これで移行したことになりますね。

Access 日付選択カレンダーが表示されない?

昔のAccessは、日付を入力するフィールドでカレンダーから選んで入力するためにActiveXコントロールからカレンダーコントロールを挿入していましたが、2007になると、何もしなくてもカレンダーが表示されて、便利になったものだと喜んでおりました。

テーブルでも
20140707-02

 

フォームでも
20140707-03

ところが、先日新しく作ったものではカレンダーが表示されないのです。
なぜ?
フィールドプロパティの「日付カレンダーの表示」はちゃんと「日付」を選んでいるのに。

20140707-05

 

どうやらこれが原因のようです。
「定型入力」

定型入力を設定するとカレンダーが表示されません。
20140707-01

定型入力を空白にして、書式を設定したときはOKでした。
20140707-04

深入りしないことにしましたが、ふーん、そうなんだ、ということで。

渡る世間は謎ばかり(PDFのサイズ編)

今日はデータベースシステムの調整やらプリンタの紙詰まり対応やらで時間を取られて、気持ちがすっきりしないまま帰途につき、途中で雨に降られたものの洗濯物はなんとかセーフ、一勝一敗か、と思っていたら…。

「WEBサイトからリンクしているPDFファイルの差し替え」という依頼を受けました。
内容的には、ちょこっとFTP転送で終わるはずでした。

ただ、差し替え前のPDFファイルはA4の大きさ、新しいファイルはハガキに近いサイズ(はがきは148×100、このファイルは147×100、単位はミリ)。
そのままPDFファイルだけ入れ替えて、リンクをクリックすると、表示が小さくて気になります。
そこでhtml のリンクの箇所に ***.pdf#zoom=200 と指定してみました。
でもでも、Chromeでは何の変化もありません。なぜ?と悩みました。
IEやFirefoxは素直に言うことを聞いてくれるみたいです。

ではPDFファイルのページサイズを大きくしよう、と考えました。
Acrobat Pro で、印刷 > プロパティ > ページサイズを変更して、保存しなおせばよいのですよね。
ところがなぜかうまくいかず、横になったり、逆さまになったり、焦れば焦るほど「訳が分からないよー」状態に…。

そこで先日からお世話になっているフリーソフトのCubePDFに頼ることにしました。

20140703-01

先ほどと同じように、「印刷」を開いて、プリンターにCubePDFを指定します。20140703-02プロパティをクリック20140703-06詳細設定をクリック、用紙サイズをA5にしてみました。20140703-08

元に戻って、サイズオプションは「合わせる」を選択20140703-03
そして印刷ボタンを押すと CubePDFが登場。

CubePDF.fw

この画面で解像度が変えられ、出力の仕方も「上書き」「リネーム」など指定できます。
変換を押して、できあがり。
ただ、A5は148×210、元のPDFファイルは147×100ですから、縦横比が違うため、若干余計な余白のようなものはつきましたが、そこをカットして、ちょうどよい大きさになりました。

このソフト、この間はカラーPDFをグレースケールにするのに活躍してくれました。
見た目もかわいくて好きです。

 

WEBで勤怠管理

タイムカードというものを押す仕事から離れて数十年。今は勤務先が小さな事業所だったり、自宅で仕事をしていたりするので、高額なシステムは使えません。スマホのアプリで時間管理ができるものはたくさんありますが、WEBというかクラウドで「勤怠管理」ができるものはないかと探してみました。いちいちプログラムを起動したり、ファイルを開いたりするのは面倒ですから。

有料のサービスになると、とても高機能で使いやすそうなものが様々あります。有料と言っても、ほとんどのものはそれほど高くありません。便利な時代になったのだなと思いました。
しかし、まずは無料で使えるサービスを試してみました。

1.タイムレコポン

20140624-02

PCとタブレットで使えて、タイムレコーダーのデザインを選べます。
シンプルです。出勤・休入・休戻・退勤のボタンを押して時間を記録。
打刻した時間の修正や、ダウンロードしたデータファイルの整形がやや面倒かな。

2.Corpus(コーパス)

無料でも、とても多機能&高機能。36協定の書類まで作れてしまう。

3.Hachikin 

これも多機能&高機能。無料で2名まで登録可。

4.オツトメ!

最近更新されていないのかなと思いましたが、シンプルで使いやすい。
ボタンは「出勤」「退勤」のみ。環境設定で背景画像が変えられます。

20140628-03

休日の設定はできないようですが、締め日、何時から何時が定時で何時から何時が残業、などが設定でき、「勤務報告書」として印刷可。

20140628-09.fw

データはCSVで出力できます。時間の修正も簡単。

5.KUMQUAT(カムクワット)  ダウンロード http://sourceforge.jp/projects/kumquat/

20140628-08

こちらは、PHPで動くシステムです。(詳しくは分かりませんが、数年前は有料版も提供されていたようです。)データベースを作って、ダウンロードしたファイルを解凍、サーバーにアップロードして使います。セットアップは一瞬でした。
締め日と休憩時間をconfig.phpに設定、出勤~退勤の時間を記録、計算してくれ、1ヶ月分の「勤怠管理表」を印刷できます。

20140628-07

実はこの他にもいろいろ見てみました。
従業員数名の事業所だと、タブレット端末があれば専用のタイムカードやレコーダーは要らないのですね。
時代は変わる…とつくづく思うのでした。

EvernoteにPDFファイル、の謎

20140621

もう長年お世話になっているEvernoteなのですが、未だに分からないことがたくさんあります。

最近、デスクトップ版が突然落ちることが多くなり、面倒に感じてWEB版をメインに使い始めました。
軽快でいいのですが、ひとつ、謎が生じました。

これまでPDFファイルをデスクトップ版Evernoteで新規ノートに追加すると、そのPDFファイルの中身が表示されて、普通に読めます。
ところが、以前にそうやって作ったPDFのノートをWEB版で開くと中身が表示されないのです。

そんなものか、と思っていたのですが、WEB版Evernoteでも、ブラウザからクリップしたPDFはちゃんと内容が表示されます。
このPDFは、デスクトップ版Evernoteで見ても普通に表示されています。

では、PCに保存したPDFファイルをブラウザで開いて、クリップしたら…と考えてやってみました。
結果は、残念。クリップできません。

いつか解決できる日がくるでしょうか。