カテゴリー別アーカイブ: 読書

なぜ論理的思考ではダメなのか

「論理的である」とか「筋が通っている」ということは大切だと私は思っていました。
ところが論理が通じない相手がいるのも確かで、どれだけがんばっても話が噛み合わないまま関係は悪化します。
「なぜ?」「どうすれば?」と何年も考え続けてきたものです。

そんな疑問解決へのヒントを教えてくれた本が『論より詭弁 ―反論理的思考のすすめ―』(香西秀信 著)でした。

著者によれば、論理的思考は「論者間の人間関係を考慮の埒外において成立しているように見える・・・あるいは・・・対等の人間関係というものを前提として成り立っているように思える・・・だが、われわれが議論するほとんどの場において、われわれと相手との人間関係は対等ではない。われわれは大抵の場合、偏った力関係の中で議論する。そうした議論においては、真空状態で純粋培養された論理的思考力は十分には機能しない。」

「詭弁」という言葉にはあまり良いイメージはありません。
しかし、「詭弁とは、自分に反対する意見のこと」であり、「勢力のない側の意見のみが詭弁として非難される」というのです。
詭弁OK、論点をすり替えて何が悪い…目から鱗です。

そうかー。対等でない関係にあっては必ずしも論理が通用するわけではないのか。

難しく感じるところもありますが、電車の中で読んだりするとひとりでニヤニヤしてしまいそうな楽しい文章でした。

「人に訴える議論」として、聖書からいくつか例が挙げられています。

【その1】
ある安息日のこと、食事をするために、あるパリサイ派のかしらの家にはいって行かれたが、人々はイエスの様子をうかがっていた。するとそこに、水腫をわずらっている人が、みまえにいた。イエスは律法学者やパリサイ人たちにむかって言われた、「安息日に人をいやすのは、正しいことかどうか」。彼らは黙っていた。そこでイエスはその人に手を置いていやしてやり、そしてお帰しになった。それから彼らに言われた、「あなたがたのうちで、自分のむすこか牛が井戸に落ち込んだなら、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者がいるだろうか」。彼らはこれに対して返す言葉がなかった。(口語訳 ルカ14:1-6)

【その2】
イエスはオリブ山に行かれた。朝早くまた宮にはいられると、人々が皆みもとに集まってきたので、イエスはすわって彼らを教えておられた。すると、律法学者たちやパリサイ人たちが、姦淫をしている時につかまえられた女をひっぱってきて、中に立たせた上、イエスに言った、 「先生、この女は姦淫の場でつかまえられました。 モーセは律法の中で、こういう女を石で打ち殺せと命じましたが、あなたはどう思いますか」。彼らがそう言ったのは、イエスをためして、訴える口実を得るためであった。しかし、イエスは身をかがめて、指で地面に何か書いておられた。彼らが問い続けるので、イエスは身を起して彼らに言われた、「あなたがたの中で罪のない者が、まずこの女に石を投げつけるがよい」。そしてまた身をかがめて、地面に物を書きつづけられた。これを聞くと、彼らは年寄から始めて、ひとりびとり出て行き、ついに、イエスだけになり、女は中にいたまま残された。(口語訳 ヨハネ8:1-9)

論理的に考えれば、これは詭弁であり、論点のすり替えではないか、というわけです。

ちなみに、私は著者と直接の知り合いではありませんが、大学では後輩にあたり、同じ時期に在学して、同じ先生方の講義を受けていたと思われます。
生成文法理論の一派と創始者ノーム・チョムスキーをチクリと刺すような表現があったりして、おバカな学生であった私には理解できなかった(今も同じですが…)ものの、ちょっと懐かしい気持ちになりました。

「チーム」をつくる

前から気になっていた本を読みました。
『今いる仲間で「最強のチーム」をつくる』 (日本実業出版社)
副題 : 自ら成長する組織に変わる「チームシップ」の高め方

著者、池本克之さん。経営者、コンサルタントとして輝かしい業績があり、一方で「社会から無関心をなくす」という理念のもと活動するNPOの代表でもあるのですね。

おもしろいのが「チームシップ」という用語です。(商標登録出願中とのこと)
リーダーシップ、メンバーシップは聞きますが、そういえばチームシップはなかったのか。
でも直感的に、大切な概念だなという感じがします。

学習する組織による経営…学びながら成長するチームをつくっていくメソッドを教えておられるのですが、この本ではTDC(Teamship Discovery Camp)について丁寧に書かれています。
4時間~2泊3日で行う、このチームシップを高めるプログラムは、私自身は体験したことがありませんが、魅力があります。
他の目的で集まるときにも使えそうだなと思います。

心に残ったことを3つほど。

1.成果主義だけを取り入れてもうまくいかない

ギャップ・アプローチ(一部の人が課題について話し合う)のデメリットを補うのがホールシステム・アプローチ(すべてのスタッフが課題について話し合う)。
「お互いの理解」と「目標設定」の両方が組み合わさってこそ、というもの。

2.とてもわかりやすい理念が人を動かす

「わかりやすい」では不十分で、「とてもわかりやすい」こと。
なるほど、です。

3.チームシップの原点は「与える」こと

「手伝おうか」と声をかける。
製造部がつくったものに、売れない製品があったとき、靴をすり減らして売りに行く。
これは実感として分かります。

 

企業やNPOだけでなく、ひとつの目的、目標をもって成長したい団体には役に立ちそうです。

 

価値観の葛藤を覚えるとき

” I saw no point in being the richest man in the cemetery.” (P.F.Drucker)

自分の価値観に沿わない仕事をして the richest man(woman) in the cemetery になるのは不幸ですね。
私は仕事を選べるほどの能力も資格も蓄えも持ってはいないので、金持ちになることは絶対にありません。
ただ人並みに、自分の価値観に合う仕事をしたいとは思ってきました。
でも生活のためには収入が必要。
どこかで折り合いを付けなくてはいけません。

これは、自分にとって、他の誰かにとって、本当に価値のある仕事なのか?
答えがYesなら、苦しくてもやる。
Noだったら・・・? 
Yes でも No でもなくて確信が持てないときは・・・?
正直言うと、答えを出すこと自体に抵抗がありますが、「最高に幸せな生き方」をしてはいないことは事実でしょう。
(誰にも知られなくても)ひっそりと a happy woman in the cemetery になりたい。

絵本への憧れ

私は子どもの頃、あまりよい絵本に出会えませんでした。
家にあったわずかな絵本は、一見写実的に見えて、不自然に頭の大きな動物たちや乗り物絵本など。

高校生くらいになって、世の中にはすてきな絵本がたくさんあることを知りました。
その頃から、絵本というものへの憧れを持つようになったのだと思います。

子育てをするようになって、子どもと一緒に絵本が読めるのはとてもうれしいことでした。
小児科などの待ち時間にも堂々と絵本が読める・・・。

図書館で借りて、とても印象に残った本のひとつが長新太さんの「ごろごろにゃーん」です。
衝撃的というか・・・
娘にはぴんとこないらしかったのですが・・・

今日は長新太さんが亡くなって5年目になるそうです。

言葉なるもの

古文愛好女子である娘にリクエストされて、橋本治訳の枕草子を買いました。

「原文に忠実な直訳」とのこと。
イラストや説明もあって、当時の状況がわかるのはよい。
でも、この桃尻語なる言語は、2010年の今、かえってわかりにくい気がしました。
自分が使う種類の言語コードではないし、このような「ナウでヤングな」言葉遣いをしているキャリアウーマンはまず見かけません。
1987年に初版が刊行されたということですので、当時はもっと現代的だったのかもしれません。
ほんとうに言葉とは生きているものだと思いました。

私なら、どちらかと言えば、関西弁で聞いたら雰囲気が出るかな。
「春ゆうたら曙や。だんだん白うなってく山の上がちょっと明るうなって紫っぽい雲が細うたなびいてる感じ。」

翻訳は難しいですね。
他の言語はよくわかりませんが、日本語だと、どのような言葉遣いをするかで、性別や年齢や出身地や職業まで決まってしまうようなところがあります。

聖書でよく引き合いに出されるのが、山上の説教、八福の教え。
たとえばマタイ5:3
原文は、「マカリオイ!」で始まり、ニュアンスとしては、「幸せだなあ!」という感じだそうです。

新改訳第二版では、「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」
第三版になると、「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。」
少し変わります。

文語訳だと、「さいはひなるかな。心の貧しき者。」
これは感じが出ています。

英語の聖書では、NIVの場合 “Blessed are the poor in spirit, for theirs is the kingdom of heaven.”
いいですね。
ユージーン・ピーターソン訳のThe Messageの場合 ”You’re blessed when you’re at the end of your rope. With less of you there is more of God and his rule.”

フランス語でも「幸いなるかな」が先でした。
“Heureux ceux qui se savent qauvres en eux-memes, ・・・”

イエスさまが現代の日本人だったら、どのように話されるのでしょうか。
これは、私たちがイエスさまをどのように感じているか、知っているか、ということなのでしょう。

サンタクロースの部屋

サンタクロース第二弾。

昨日の「サンタクロースっているんでしょうか」の続編、バージニアのその後の人生を綴ったものです。
やはり、子どもに目に見えないものの大切さを肯定することは間違っていないと教えてくれます。
この本も娘と私の愛読書です。

そして、この本を読んだら、サンタクロースは無視できなくなると思います。

私の子育てには、サンタクロースに限らず、絵本の存在が欠かせないものでした。
パートナーであり、師であり、友のような存在。
今、成長した娘を見て、一緒に絵本を楽しんできたことは間違いではなかったと折々に感じています。
たくさんのいい絵本に出会えてよかった。

サンタクロースっているんでしょうか

サンタクロースはいるか。
クリスチャンの間では、大きく意見が分かれるところです。

「サンタはいない」派の主張はもっともだと思います。
たとえば Thinking About Santa (Desiring God Blog)
・子どもは、おとぎ話を信じる必要はない。
・神こそを十分に知るべきである。
・サンタと聖書の神を混同してしまう危険性がある。

このようにして子育てをするクリスチャン家庭は多いでしょう。

私は、と言えば、「サンタはいる」派です。

今日の朝日新聞8面に、あの有名な「サンタはいる」という社説について書かれたものがあります。
19世紀末、ニューヨークに住む8歳の少女が、新聞社宛に手紙を書く。
「サンタはいるんでしょうか」
ニューヨーク・サン紙は、社説で答えます。
「サンタはいる。愛や思いやりの心があるように、ちゃんといる」
「真実は、子どもにも大人の目にも見えないものなんだ」
朝日新聞の記者は、こう結んでいます。
「サンタはいる、そう書ける新聞でありたい、と思う」

この本は、私と娘の愛読書です。

確かに、サンタクロースと神さまの区別や関係を理解させることに、気は遣いました。
でも娘は娘なりに、混同することもなければ、聖書の神さまを理解することの邪魔にもならなかったように思います。

どの子どもにも、いつか、やっぱりサンタはいない、と思う日がきっと来るでしょう。
けれども、その子のこころに作られたサンタの部屋は、温かいもの、愛や思いやりや優しさがいっぱい詰まっているはずです。
そんな子どもは、精神的におとなになったとき、神さまの愛を素直に受け入れる素地ができているのではないでしょうか。
そして、また「やっぱりサンタはいるんだ」と気がつく日が来るのです。

必ずしもサンタを閉め出す必要はない、と思わせてくれる本が、賀来周一先生の「サンタクロースの謎」です。
先生の講義を受けたときに、ご自身からこの本を紹介されて、読みました。
人への優しさや思いやりにあふれた本だと思います。
一読をお勧めします。 

ことばの危機管理術

ちくま新書『その言い方が人を怒らせる-ことばの危機管理術』を読みました。
カバーの裏に、このように書いてあります。

謝罪の場面で真意が伝わらず怒らせる、誤解を与える、だらだらと長く続く言い訳文、空気の読めない発言、どこか変な敬語、…。こうしたコミュニケーションの行き違いを生じさせる言い方や表現は、ニュアンスや印象論で語られがちだが、実は言語学的な理由がある。本書では、「まずい」具体例を数多く取り上げながら、言語学の中でも文脈を科学する新しい分野である語用論を背景にその理由を分析していく。知っておきたい、日本語が陥りやすい表現の落とし穴とは?

おもしろい!と思いました。
ひとりで読みながら、くすくす笑ってしまうところもあります。(すごくまじめで学問的に豊かな書物なんですが・・・)
いくつかの具体的なことばの表現を例に挙げ、人がどう感じるかについて、「なぜ」が分析されているからですね。

私は、話すことが苦手です。
ことばの選択を誤ったり、ことばが足りなかったりして、誤解されたり、感情を害されたりすることがよくあるような気がします。
学生時代も、「言語学を勉強しているのに、コミュニケーションができないんだね」と言われて、そのとおりなので、ずしーんと落ち込んでしまったことがあります。
話しことばというのは、一度口から出てしまうと、取り消しができませんから、自信がないと、ますます話すことが苦手になってしまいます。

本を読んだだけでうまく話せるようになるわけではないのですが、原理原則があるんだ~と思うと、全く太刀打ちできない世界というわけでもない気がしてきます。

そして、忘れていけないのは、やはり、ことばは心から出てくるものだということ。
相手への思いやりや配慮というものなしに、小手先の技術だけでは「ことばの危機管理」はできないのですね。

幸せであることを選ぶ

『積極的考え方の力』に、「幸せであることを選ぼう」という章があります。

幸福であるか、不幸であるかは、自分で選んでいる。
そうでしょうね。

かなり前のことですが、生け花を習っていたとき、同じグループに、70代くらいの婦人がふたりいらして、あまりに対照的な印象だったので、忘れることができません。
ひとりの方は、戦争や関東大震災で、二度も焼け出されたのだそうですが、そんな体験も楽しそうに話されます。持病もあって通院されていますが、いつもにこにこ、前向きです。
もう一人の方は、生活にはゆとりがありそうでしたが、息子の「お嫁さん」の気に入らないところ、身体の不調なこと、後ろ向きな話題が尽きません。
どちらが幸せか、一目でわかります。

私も、つい不幸に浸ってしまいがちです。
意志を持って、幸せであることを選んでいこうと思います。

元祖ポジティブ思考

ノーマン・V・ピール著 『積極的考え方の力』

ちょうど6年前に一度読んで、そのときは何の感慨ももたなかった本です。
この本を読んだのは、手術を受けて入院中、ベッドの上でした。

入院するときはいつも数冊の本を持って行きます。
新約聖書と、新旧訳でも軽いもの(寝ながら読むには大きな本、重い本は向きません)、その他、じっくり読みたい本。
このときは、痛み止めの麻酔薬の管をつけたまま、高熱が続き、吐き気がして食事もとれない状態でした。
二人部屋でしたが、入り口側と窓側に二分されて、私がいたのは入り口側。窓の外は見えず、閉鎖された空間。しかも、窓側の患者さんのところへの通路も兼ねるスペースで、廊下のほうでは、昼も夜もバタバタと音がして、眠れない毎日でした。
おまけに、当時、仕事は特別忙しく、入院するために、入院の前日まで、前倒しで仕事を片付け、退院した翌日からも、まだ熱が下がらないまま、休んでたまった仕事もあり、朝から晩まで働いていました。
疲れ切った状態で、せっかくの「積極的考え方」が積極的に受け取れなくても仕方がなかったかもしれません。

そのとき、読んで感じたのは、何となく「信仰を社会的成功の手段にしているのではないか」というネガティブな印象でした。
でも、今読み直すと、私は間違っていたと思います。
あの入院中、とても苦しい中で、信仰が支えであったことは確かですが、神様が私の人生をよいものにしようとされていることを心から信じてはいなかった気がします。
ピール牧師は、信仰を利得の手段にすることを勧めているのではなく、人が人として、あるべき姿で、与えられたいのちを最高のパフォーマンスで生ききるために、神様とともに歩むこと、神様にゆだねること、聖書のことばを自分のものにすることを勧めていたのですね。

ただ、実践しなければ、相変わらず無意味な紙のかたまりでしかありません。
忙しすぎ、疲れすぎて思考停止に陥らないうちに、神様のもとに憩うことを身に付けたいと思います。