作成者別アーカイブ: Author

PayPalの「購入ボタン」とドロップリスト問題

ショッピングサイトなどでPayPalを使う場合、「今すぐ購入」「カートに入れる」などのボタンを付けますが、一苦労したのでメモしておきます。オリジナルボタンを作ったりもしていたので時間ががかかってしまいました。

ボタンを設置するには、「製品とサービス」タブをクリック。

20150207-01

下の部分、「その他の製品とサービス」に [今すぐ購入]ボタンがあります。20150207-02

ボタン作成の画面になります。

20150207-03

今回は、「ボタンをカスタマイズする」で、「価格/オプションのドロップダウンメニューを追加」を選択。

20150207-05

ドロップダウンメニューで注意することは、(当たり前ですが)メニューオプション名に同じ内容を書かないこと。異なるオプション名のところに同じ価格が設定されているのは問題ありません。

メニューに「JPY」が表示されてうるさい気がするのだけれど仕方ないのかな。

さらに「テキストまたは外観をカスタマイズする」をクリック
「独自のボタン画像を使用」を選択しました。(画像は自分で作成)

20150207-15

 

これでドロップダウンメニューの付いたボタンが完成、と思いきや、テストをしてみると
こんなエラーが・・・
20150207-07

こんなのも・・・
20150207-08

いろいろ考えて、直して、最後にやったのはこれです。
「個人設定」 > 「販売ツール」 > 「PayPalボタンの言語コード化」

20150207-09

20150207-10

 

20150207-11

20150207-12

「言語のエンコード」で「詳細オプション」をクリック。
エンコード方式を「UTF-8」にして保存。

20150207-13

 

これでようやく無事に支払画面に行けるようになりました。

ビジ法の合格証

このところあまりに余裕がなく、毎日10~12時間パソコンにかじりついて、まさに「心が亡くなる」感じでした。
片道1時間かけて職場にも出かけ、帰ってから深夜まで千本ノック状態。
幸い、娘がいるときは食事を作ってくれるし、一人の時はオートミールに牛乳をかけてレンジで1分半、ミックスナッツとドライレーズンをトッピングすれば2分ほどで用意ができます。
(あまりこんなのが続くとよくないですが)

郵便受けを確認していないのも気になっていて、今日は思い切って見に行くと、通販のカタログやたくさんのDMに挟まれて、なつかしい元同僚からの達筆な字で書かれたお便りと、「日本商工会議所ビジネス実務法務検定2級」の合格証が届いていました。

過去問と比べて今回はちょっと難しいな、と感じましたが、やはり合格率は31.8%と低かったようです(たいてい40%台らしい)。
去年の今頃は行政書士試験の結果待ちでした。
合格は分かっていても、やはり自分の目で確かめるまでは落ち着かないものですね。

ビジ法の合格証はこんなプラスチックのカードです。

同じ商工会議所の検定でも簿記とは違って、郵送してくれます。
大きな証書より郵送料がかかりませんね。
受け取りに行くのもたいへんですし、送ってもらえるのは助かります。

そして、同封物。営業も忘れないところがさすが。

20150115-03

私たちは法律に守られて生活しています。だから、法律を守ろうという気持ちも大切かと思います。
知らないと損をすることもあるし、「知らなかった」と言っても違反は違反になってしまいます。
法律に疎い私でしたが、少し心を入れ替えつつあるところ。
弁護士ドットコムのサイトはたいへん勉強になります。

そしてコンプライアンスと同時に、常識やバランス感覚も大事だなあ・・・と最近感じています。
本質をとらえる力とか、視野の広さとか。
人間力のある人と一緒に仕事ができたら幸せですね。

To Do リストを乗り換えてみたら

12月はクリスマス前からずっと風邪。
年末からも全く余裕のない日々が続き、あっという間に新年も2週間が過ぎてしまいました。
そんなバタバタの中、いつまにかTodoingのアカウントを作っていたらしい。覚えていないのが怖いです。
https://todoist.com/

それまで別のツールを使っていたのですが、ふと昨日、思い立ってTodoingにタスクを入れてみました。

使いやすい!

終わった仕事にチェックを入れると瞬時に消えて、達成感を味わえます。

そして今日もどんどん消して、ついに

20150114

「今日のタスクはありません  楽しい夜を」 と表示されました。

(本当はまだ書き込んでいないTo Do があって、店じまいとはいかないんですけどね。)

 

OS X Yosemiteアップデートに伴いVMware Fusion からVertualBoxへ

20141213-01
今さらですが、MacのOS XをうっかりYosemiteにアップデートしたら、以前からWindows7を使っていたVMware Fusionが起動しなくなりました。

新しいバージョンを購入する経済的余裕はなく、Oracle VertualBoxに移行しました。
20141213-02

丁寧に手順を説明してくださっているサイトを参考にさせていただき、一応すんなりとできました。
参考 Migrating Windows 7 from VMWare Fusion to VirtualBox — Carlos Sanchez’s Weblog
    OS X YosemiteでVMware Fusion 5.xが動かない!Win7のVirtualBoxへの移行手順のまとめ

ところがWindows7を起動してみると、いろいろと不具合が・・・。
まず、ネットワークエラーのメッセージ出て 「¥¥Vmware-host¥Shared Folders¥ディスクトップ¥ にアクセスできない」と言ってくる。
Office のWordが変。
Snipping Toolは起動するが、「名前を付けて保存」ができない。

とても悩んだ結果、実は、Uninstall the VMWare tools ができていなかったというだけの話でした。
普通に「コントロールパネル」 > 「プログラムのアンインストール」 でVMWare tools をアンインストールしたら解決したようです。
基本は大事ですね。

あしあと FOOTPRINTS IN THE SAND

昔、大切な友人にプレゼントしてもらったマグカップ。
Footprintsという詩が書いてあります。
20141110_06

この歌も心にしみる。

鳥だって感じるものがあるのかもしれない。
20141110_07

と思ったら
20141110_08
噛んでみたり
20141110_09
くぐってみたり

やはりマグカップは中の液体を飲むためにある
20141110_10

義務と権利と愛

まだコスモスの花がわずかに咲き残っているかと思えば、お店のディスプレイはもうクリスマス。
心にも冷たい風が吹き込んでくる今日この頃、「○○さんは教会員の義務を果たしているのですか?」
毎週のように耳に入ってきたこの言葉が何か心に刺さっています。
もちろん、どのような状況で、何を指して、どのような声の調子で言われたかによって意味は全く違ってくるのですが。

file7111298802005

キリスト教には、目に見えない普遍的な教会と、実際に人が集まっている地域の教会があります。
地域の教会はこの世の経済や社会の枠組みの中で運営しているので、「教会員」という制度があり、規則があるのは当然です。
では、義務とは何だろう?と思いました。
礼拝に出席すること、奉仕をすること、献金をすること。
そうでしょうね。でもそれは同時に権利、というより特権でもあります。
そして、権利として見たとき、与えられているものは人によって異なるのではないかと思うのです。

私も以前は、毎朝4時に起きて聖書を読み、祈り、学びをして、熱があっても礼拝は休まず(どころか一日3回礼拝に出席し)、毎週(どころかほぼ毎日)教会に行って奉仕し、自分の生活レベル以上にささげていたし、それが当たり前で、喜びでもありました。
受付や掃除の奉仕者が少ない? だったら奉仕についての学びをしたらいいんじゃないか、と単純に考えもしました。

でも今さら気がついたことは、誰もが全く同じ条件を与えられているのではないということ。
教会に通うために何時間も電車に乗ったり、歩いたり、家族に気を遣わなくてはならなかったり、本当に収入が少なかったりする中で、その人は精一杯のことをしているかもしれない。
教会に行けないという寂しさ、孤独に耐えながら、皆のためにひとり祈っているかもしれない。

教会に通える人が、通えない人を指して「あの人は教会に来ない」と言う。
通えない人は「教会に行きたい、でも行けない」のかもしれない。
「来る」と「行く」では立っている場所が違います。
「来る、来ない」と言える人は恵まれているのです。
模範的な教会生活を送れる人はそのことをただ感謝すればよいのだと、ようやく気がつきました。

そう考えると「義務を果たしているのか?」という問いは、他人に向けるものではなく、自己吟味のためにあるのではないかと思います。
どうせ人は外見で判断することしかできないのだから。

むしろ本当の義務とは、「神を愛すること、きょうだいを愛すること」ではなかったでしょうか。
「愛しているか?」
これは人を指さして問いただすより、まず自分のこころに問うことが必要なのでしょう。
容易じゃないですが。

疲労する部下。上司につける薬…

第187回国会が始まりましたね。
安倍総理が集団的自衛権に関する答弁で「具体的に説明しないと国民の皆さまには分かりづらいと思いますが…」とおっしゃっていましたが、具体的に説明してもらっても理解できないことばかりなのが情けない。

世の中、問題ばかりなのです。

こんな問題もよくありそうですね。「とにかくやれ!」「上司からの修正の嵐で疲労する部下」

20141003_1
『問題解決フレームワーク44』 西村克己著 学研 より

問題発生。さて、上司は部下に対する指示の出し方をどのように変えればよいのでしょうか。

答は、「いきなり詳細設計、詳細計画に着手するな」「まずは基本方針からスタートすべき!」でした。
詳細から考えるのではなく、企画から考える。
まず目的や対象範囲を確認する。

とは言っても私は上司ではないので、部下に対する指示の出し方は自分では変えられないし、この本の上司ときたら部下が「目的は?方針は?検討範囲は?」と尋ねても、「つべこべ言わずに形にしてこい」と言うだけ。
「上司につける薬」であって、上司が気づくしかないのか。気の毒な部下たち。

そういえば私も「えーっと、それは何のためにしますか?対象は?」と聞くことがよくあります。
経験か本能で「疲労する部下」にならないよう予防線を張っているのかもしれません。

ただし、指示される場合以外にも自分で何かを計画するときに、このフレームワークは有効ですね。
「まず企画から考える」
落ち着いて仕事にとりかかろう。

Access2010 日付欄でカレンダーが表示されない

私は当分の間、Accessのバージョンは2010を使い続ける予定ですが、今さら気がついたことがあります。
Access2010になって、テーブルやフォームに日付を入力する際には、カレンダーが表示されて入力が楽になりました。

こんな感じ。
たとえば発送日の欄があります。
20140829-01

このコントロールにフォーカスすると、右側に小さなカレンダーのボタンが現れます。20140829-02

このボタンをクリックするとカレンダーが表示され、日付を選択できるのです。
20140829-03

プロパティはこのようになっています。
20140829-05
書式 : 何らかの日付を指定
日付選択カレンダーの表示 : 日付

Access2003や2007の頃に作ったものも、たいてい自動的にカレンダー表示が出るようになっています。

ところが、時々、カレンダーが表示されないコントロールがあることに気がつきました。
なぜだー?と思いながら、今まで特に不自由をすることはなかったので放置していたのですが、最近分かりました。

20140829-04

ここです。「定型入力」を指定しているとダメなんですね。
理由は追及しませんが一件落着です。

 

Google Apps メールの移行準備 ちょっと(;。;)

Google Apps for Nonprofits を使えることになり、ずっと前に個人でGoogle Apps無償版に登録していたものの有効活用はできていなかったので、ようやくまじめに取り組むことになりました。

Google Apps for Nonprofits とは、Google Appsの非営利団対向けプログラムで、日本ではやっと先月提供が開始されたばかりのサービスです。
まずはメールとカレンダーを使いたいと思ったのですが、全体の仕組みがよく分かっていなかったので、理解するのに少し時間がかかりました。
最初の疑問は、ひとつのドメインで、公式サイトを別のサーバーにおいたまま、メールをGoogle Appsで運用することはできるの? できるとして、どうすればいいの? というもの。

これは比較的容易に解決しました。
現在、ドメインはムームードメイン、サーバーはエックスサーバーを使っています。
エックスサーバーにはDNSの設定機能があるので、ムームードメインでネームサーバーをこのように指定します。

20140811-03

そして、エックスサーバーのDNS設定でMXレコードを指定。

20140811-04

エックスサーバーで設定していたメールアドレスは削除します。
そうすると、メールサーバーがエックスサーバーからGoogle Appsに切り替わり、Google Appsで作ったユーザーアカウントでメールを受信できるようになります。

しかし! このドメインでメールを使っているのは自分ひとりではないため、いきなり切り替えることはできません。

そこで 二重配信を使用して、Gmail と外部アーカイブ サーバーの両方にメールを配信する をやろうと思ったのですが、なんかめんどくさい。
今のところは自分だけ試しに移行して、使い方に慣れてみよう、ということでドメインエイリアスを使う方法にしました。

Googleの説明
ドメイン エイリアスを追加すると、プライマリ ドメイン(Google サービスの申し込みに使用したドメイン)の全員に、そのエイリアス ドメインの別アドレスが付与されます。以下、プライマリ ドメイン primary.com に alias.com をドメイン エイリアスとして追加したケースで説明します。Maria、John など、プライマリ ドメイン内の全ユーザーに各ドメインのアドレスが付与され、ユーザーのどちらのアドレスにメールを送信しても、同じ受信トレイにメールが届きます。

1.エックスサーバーでサブドメインを作ります。

2.Google Apps 管理コンソールで、(画像が小さいですが)下の「その他の設定」にある「ドメイン」でサブドメインを指定します。
20140811-01
ドメインは「エイリアス」にしておきます。

3.エックスサーバーのDNS設定画面で、そのサブドメインに上のMXレコードを追加します。

4.エックスサーバーのメールアドレス設定で、もとのアドレスからエイリアスのアドレスに転送設定をします。

すると、Google Appsのほうでは、何もしなくてもユーザーに自動的にエイリアスが設定されています。
これで移行したことになりますね。